読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ全裸の会社DYMが「都合の悪い記事」を全部削除していることが発覚し大炎上中

タイの社員旅行で集団で全裸になり大炎上→公式に事実関係を認め謝罪というコンボを決めた株式会社DYM、記憶に新しいですね。

bylines.news.yahoo.co.jp

そんな中、どうやらそんなDYM社が「都合の悪い記事・まとめ」などを徹底的に削除、隠ぺいを行っていることが発覚しました。

 

タイ全裸の株式会社DYMが評判の隠蔽に使った7つの手法 by @tsuj

 

 DYM社のタイ全裸事件についてまとめたNAVERの記事が軒並み「全部」削除されています。

f:id:hiyattokun:20160421201207p:plain

↑「DYMタイで注意も聞き入れず集団で全裸!社長はFBに投稿も~」という記事が削除されている

 

他にも確認出来るだけで数~数十記事ほど全部削除されています。

一体誰が消したんでしょうか・・・?

 

したの方にDYM社に関する記事を貼っておきますので、興味のある方はお読み下さい。

 

※消される前に魚拓推奨

 

kyoumoe.hatenablog.com

www.nikkan-gendai.com

warashibe76.blog.fc2.com

 

こんな中身の無い私の記事でも削除されるんでしょうか?

 

こじらせ炎上女王・北条かや氏、こじらせまくって自殺を決意する。

能町みね子氏・雨宮氏VS北条氏の炎上バトルからはや2週間。

ツイートやブログ更新を控え、鳴りを潜めていた「こじらせ女王」こと、北条かや氏が再び動き出しました。

 

 初手メンヘラ。

遠回しに「お前らうるせえから黙ってろ」とご教示してくださる北条かや氏、いやはや流石です。

噂によると1000字程度のゴミコラムを3000円とか4000円で販売しているとか。

いや意味わかんねえよ・・・

 

で、そんな北条かや氏ですが、本日再びやらかしました。

 

note.mu

 

上記は今日4月13日にnoteに投稿された北条氏のコラムです。

値段が4000円という意味不明な暴利なのも驚きですが、

それ以上に驚くのが文章、一行目。

 

自殺を決意して、身辺整理をした。

 

この一文だけです。これ以降を読むためには4000円支払わなければいけません。

今までの行動や言動にも驚かされてきましたが、「自殺」ですか・・・。

かまってちゃんすぎません?

で、早速この文章を見た方々に

 

「大変だ!4000円払って北条かやの自殺を止めないと!」

「自殺を決意した北条かやのダイイングメッセージは4000円です(1,511文字)」

 

など言及され、お祭り状態に。

(ダイイングメッセージ(1511文字)は流石にワロタ)

 

とまあ彼女にも、ネットで活動する以上メンタル強く持って欲しいものです。

 

以下、最近の北条かや氏の名言集。

 

 

 

 

嫌われるのが怖いなら、ひっそりと社会の片隅で生きたほうが良いと思う。

 

北条かやを擁護してる奴が明らかに”炎上狙い”でイケハヤ信者を疑われる

北条かや姫が大炎上中です。

togetter.com

事の経緯は上記にまとまってます。

ものすごく簡潔に言うと、アラサーのメンヘラ女子(自称ライター)が、その覚悟の無さを露呈して、プロのライター2人を怒らせてしまった話です。

 

で、本題。以下のブログ。

www.murasakai.net

 

とりあえず読む必要はないです。

はてなブックマークのコメントを記載しますので、それをご一読頂ければだいたい把握できるかと。

 

すげー、あんだけ炎上しててまだ擁護する人いるんだ…あっ、もしかしてイケハヤ教の信者さんです?

 

 

清々しいまでに薄い内容だが、書名を挙げたら笑われるんだろうと予想できる程度の見識はあるらしい

 

  一応最後まで読んだけどずいぶん下手くそな文章書くね。インプットがアウトプットを決めないこともあるってことだよね。hagexの文章添削受けた方がよいのではなかろうか。

 (ナマの感想はこちら→はてなブックマーク - 北条かや氏に過剰反応するひとは読書不足 - 村紗カイの日記

 

で、この人の書いた他のブログ記事↓

www.murasakai.net

www.murasakai.net

 

あっ(察し)

 

こじらせ女子・北条かやが持ち前のメンヘラを発揮して大炎上中

togetter.com

 

事の経緯は上記のまとめにまとまってます。

私の解釈でまとめると、「北条かやが別の人が考えた”こじらせ女子”という造語を

さも自分のもののように使い(定義までしちゃって)、そのくせ貫く覚悟も無いことが色々な人に突っ込まれて露呈した。で、メンヘラ発揮

みたいな感じなんですけど合ってますか。

www.amazon.co.jp

↑問題の書籍。低評価★1(昨日の件で)

 

こいつぁすげえや!

最後には「死んでお詫びします→あ、ギリで死ねませんでしたテヘペロ」みたいなツイートしてて思わず笑顔になってしまった。

 

以下、酷評されまくってるアマゾンレビューより引用

 

”タイトルに「こじらせ女子」って入れたく無かったが、編集者に押され 大人の事情で入れた”って言ってますよね。
でも勝谷さんの番組にはこじらせ女子代表として明るく出演。
何がしたいのか?
最終的に死んで詫びると言い出し、同情票も集められなそう。
ライター名乗るなと言いたい。

お疲れさまでした。

 

少なからぬ対象が心に引っかかる「こじらせ女子」を雑に扱った駄作。

 著者のブログも見ましたがそもそもこじらせ女子は自撮りなんか自分のブログに載せません。
またツイッターでは飛田新地で働く女性を見下した発言もされていて著者の人間性を疑いました。
こじらせ女子が今後こういった形でどんどん歪曲されて周りからも誤解され否定されていくのかなと思うとつらいです。

 

 一体どこまで燃えるのか楽しみですね。あと星海社もついでに燃えればいいのに。

とりあえず能町みね子さんのファンになったので著作いくつか買ってみようかな。

雨宮まみさんのも読むか)北条氏は整形がどうたらの奴読んで途中で飽きたくらいの経験しかないです。

価格.comが「都合の悪い口コミ」を非表示にしていた事が発覚し大炎上中

インターネット 炎上

価格ドットコムというサイト

 私はよくネットで買物をする際に「価格ドットコム」というサイトを利用します。

平たく言えば「買いたい商品を安い順等にランキング形式で表示してくれるサイト」です。

f:id:hiyattokun:20160217042923p:plain

↑とある商品の安い順ランキング

上記のように最安値が一目で分かりやすく表示されています。

また、値段以外にもレビュー(実際に商品を購入した人の感想)なんかも表示されていますよね。

f:id:hiyattokun:20160217015301p:plain

↑先程の商品(プリンター)のレビューの一つ

 で、多くの方が何か商品を購入する際にこの「レビュー」を参考にしていると思うのですが、現在、価格ドットコムの「ある商品のレビュー」に関して何やら真っ黒な疑惑が持ち上がっているようです。

 低評価を隠蔽し、高評価だけ表示されるように細工していた?

 今回騒動となっているのは「小さな葬儀屋さん」という「葬儀社仲介会社」に関するレビューです。

「小さなお葬式」というのは、
ネットで集客して、葬儀業務を全国の葬儀社に代行させるというブローカー的な活動を
行なっている会社です。
 ※ブローカー・・・売買の仲介をする人コトバンク出典)

 ー「考える葬儀屋さんのブログ」より(http://funeralservice.livedoor.biz/archives/1899897.html

 ネット主体の会社で、電話などで葬儀の相談に応じて、全国各地の適当な葬儀場を紹介するという「仲介会社」ですね。

そして現在問題となっているレビューが投稿されたのは2014年4月21日

約2年前です。

f:id:hiyattokun:20160217024243p:plain

↑現在問題となっているレビュー。投稿されたのは約2年前で、低評価がついている。

 レビュー内容を要約すると「追加料金0円と聞いていたのに、最終的には相談時の倍近い金額まで膨れ上がり支払わされた」という苦情です。

 f:id:hiyattokun:20160217024449p:plain

↑「追加料金一切不要のお葬式」がキャッチコピーの「小さなお葬式社」

 (景品表示法第4条第1項第1号(優良誤認)」に抵触する恐れがある)

 具体的には,商品・サービスの品質を,実際よりも優れていると偽って宣伝したり,競争業者が販売する商品・サービスよりも特に優れているわけではないのに,あたかも優れているかのように偽って宣伝する行為が優良誤認表示に該当します。  

 (消費者庁「優良誤認とは」より)http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuryo.html

 このレビューを見る限り中々ひどい業者のようですね。

ですが、今回問題となっているのはこのレビュー自体ではありません

 

価格ドットコムの運営が「この低評価のページ」だけGoogle等の検索結果に表示されないよう細工していたことが先日発覚しました。

 

特定の記事を検索結果に表示されないようにする魔法の言葉「noindex」

noindex は、メタタグと呼ばれるものの一つで、サイト内のあるページを検索エンジンにインデックスさせないために使う。サイトの検索順位が決まるまでのプロセスは、「①クロール → ②インデックス → ③ランキング」の3つのステップがあるが、noindex はこのうち、2番目のインデックスで止めるということだ。

noindexの使い方より引用

 要するに「noindex」をページに設定すると、そのページが「検索エンジンの検索結果に表示されなくなり」ます。

noindexを設定すると1週間ほどGoogleの検索結果に表示されなくなるようです。

(稀に表示されたままな場合も)

www.interest-blog.com 

で、上記の低評価のレビューのページにこの「noindex」が使用されていることが、

最近どこぞのネット民により発掘されました。

 ↓レビュー「小さなお葬式は最悪の葬儀会社です。」のソース(ページの裏側)

f:id:hiyattokun:20160217032240p:plain

↑21行目に「noindex(検索避け)」の記述がされている。

 

つまり、上記の「低評価レビュー(=都合の悪いページ)」だけが”なぜか”検索結果に引っ掛らないように設定されていたのです。

 

何が問題なのか

検索結果に引っ掛らないということは、具体的に言えば、

「小さなお葬式 評判」と調べた際に「良い評判のページ」はすぐに表示されるものの「悪い評判のページ」は、価格コムのサイトを念入りにチェックしないとたどり着かない、という現象が起き得ます。

 要するに、「高評価」は簡単に見れるけれど、「低評価」は隠されていて見つけづらいという少し難解な表示のされ方になってしまいます。

 

現状で言えるのは、この「Noindex」をページに記述する事ができるのは「小さなお葬式」のような業者側ではなく、「価格ドットコムの運営」であるということです。

 

【追記】(2月18日朝7時)

 価格コムの運営だけでなく「小さなお葬式社」側でもnoindexを設定することは可能なようです。

 

 以下が「noindex」の記述が発掘された際のツイッターでのリアクションです。

 

 

  上記のように、もしもそういった「工作」を働いた事実がある場合、価格ドットコムの「レビューの公平性(信ぴょう性)」が損なわれる事に繋がりかねません。

 「価格ドットコムは、業者が頼めば簡単に情報が操作できるサイトなんだ」

という認識が広まってしまいかねません。

現時点での疑問はただ一つ、

「一体なぜ特定のページのみ「Noindex」が設定されていたのか?」

という点です。

 まさか「小さなお葬式社」が、価格ドットコムの運営に頼んで「低評価レビュー」を見つけにくくしてもらっていたなんて、まさかそんな・・・ねえ?

「Noindex」が設定されているか調べる方法(簡単)

Chromeのアドオンに「NoFollowという物があるようです。

chrome.google.com

具体的な使い方は以下のページに詳細が載っていますのでご参照ください。

bnbrd.net

さて、シラミ潰しに価格ドットコムのレビューページを調べてみましょうかね・・・

 

「小さなお葬式」という会社の悪評

どうやら以前にも「都合の悪い記事」を検索結果から削除させたことがあるようです。

現在は申し立てが撤回され検索結果に復旧

funeralservice.livedoor.biz

funeralservice.livedoor.biz

 

うーんこの